ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか|恋愛|ラノベ祭り|口コミ・おすすめ・人気・評価・評判・ランキング・動画

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 概要編

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2013年1月からGA文庫(SBクリエイティブ)より刊行されている。
大森のデビュー作で、小説投稿サイトである「Arcadia」並びに「小説家になろう」にて投稿されていた 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』を『ファミリア・ミィス』に改題し投稿。
第4回GA文庫大賞「大賞」を受賞したのち、タイトルを『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に 戻して書籍化したものである(小説投稿サイトの作品ページは削除済)。
略称は『ダンまち』。
第3回ラノベ好き書店員大賞第1位。
2015年9月現在、シリーズ累計370万部を突破している。
2014年1月からアイズ・ヴァレンシュタインを主人公にした外伝の『ダンジョンに出会いを 求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア』(ダンジョンにであいをもとめるのはまちがっているだろうか がいでん ソード・オラトリア)が 刊行されている。
イラストははいむらきよたかが担当。
2013年に本編、2014年に外伝の漫画版が連載開始された。
2015年にはテレビアニメ版が放送された。第1話の放送後には ヒロイン・ヘスティアの一風変わった服装(胸の下を通し、二の腕、 背中を結ぶ青いリボンによって上腕を動かすと連動して胸も上下する)が インターネット上で「例の紐」(「例のヒモ」、「例のひも」など表記には揺れがある)と呼ばれるなど話題を集め、 イギリスのタブロイド紙『デイリー・メール』がヘスティアを画像付きで紹介するなど、反響は日本国外にも広がった。
このブームについて、テレビアニメ版のプロデューサー・中山信宏は「本編が放送されてからの盛り上がり」であり、 「アニメスタッフの映像化時のこだわりのおかげ」と述べている。
「例の紐/紐神様」は、2015年度アニメ流行語大賞銀賞(第2位)を受賞した。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかストーリー編

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。
英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、 女神ヘスティアの所属ファミリアとなり冒険者となった少年ベル・クラネルは、 場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。
なすすべもなく追いつめられたベルは、間一髪のところでトップクラスの冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる。
その瞬間、アイズに一目惚れしてしまったベルは、いつか彼女に釣り合う冒険者になろうと行動を開始する。(第1巻)
スキル《憧憬一途》を発現させ「神のナイフ」を手に入れたベルは順調に実力を伸ばしていた。
「神のナイフ」目当ての冒険サポーター、リリルカ・アーデとパーティを組むが、リリは悪質な同僚に捕まってモンスターの群れに放り込まれてしまう。
ベルはリリを救い、彼女の信頼を勝ち取るのだった。(第2巻) ベルはアイズとの稽古や魔法の修得など、更に自分を鍛えていた。
美の女神フレイヤに眼を付けられたベルは、特別に調教されたミノタウロスと戦う羽目になる。
苦戦の末トラウマを乗り越えて勝利したベルは、最速記録を打ち立ててLv.2にランクアップする。(第3巻)
最速記録を打ち立てたベルは周囲からの注目の的だった。
そんな中、防具を新調しに行ったベルは、変わり者の鍛冶ヴェルフ・クロッゾとパーティを組むことに。(第4巻)
ベルたちはダンジョンの中で遭難し、安全地帯の第18階層に逃げ込む。
救助に来たヘスティアなどとしばし穏やかな時を過ごすが、 他の冒険者のやっかみからヘスティアがさらわれてしまう。
さらに変異種の階層主モンスターが現れるが、100人を越す冒険者たちの協力のもと、これを討ち取るのだった。(第5巻)
恋多き神アポロンがベルに眼を付けた。さまざまな策をめぐらせてベルを我が物にせんとするが、 ファミリア同士の総力戦「戦争遊戯」に敗れ、自分のファミリアと全財産を失ってオラリオから姿を消す。(第6巻)
ベルは娼婦の女神イシュタルの眷属、サンジョウノ・春姫と出会う。
彼女を救うべく奔走するベルはイシュタルの怒りを買うが、フレイヤの介入などもあり、 春姫を助け出すことに成功するのだった。(第7巻)
ラキア王国の主神アレスが三万の軍隊を率いてオラリオに向けて出兵する。
だが、オラリオは特に何も変わらないいつも通りの平穏な日々を過ごしてゆく。
ヘスティア・ファミリア】も羽を伸ばすためにそれぞれの日常を過ごしていく。(第8巻)
ベルは人語を解するモンスターの少女と出会う。彼女を保護しウィーネと名づけたベルは、 彼女と同じように理知を備えるモンスター『異端児』とそれらを保護する者達、狩る者達の存在を知ることになる。(第9巻)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 基本情報編

ジャンル
ファンタジー
著者
大森藤ノ
イラスト
ヤスダスズヒト
出版社
SBクリエイティブ
レーベル
GA文庫
刊行期間
2013年1月15日 -
巻数
既刊9巻(2015年9月現在)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか登場人物編

ベル・クラネル
ベル・クラネル
職業:冒険者 /
性別:男 /
人種:ヒューマン /
武器:《ヘスティア・ナイフ》《牛若丸》《牛若丸弐式》 /
所属:【ヘスティア・ファミリア】 /
ステイタス:Lv.3 /
発展アビリティ:《幸運》《耐異常》 /
スキル:《憧憬一途(リアリス・フレーゼ)》《英雄願望(アルゴノゥト)》 / 魔法:《ファイアボルト》
本作の主人公。
赤目白髪の14歳の少年。
その容貌から兎よばわりされることも多い。
オラリオから少し離れた田舎で農民として暮らしていたが、養い親である祖父が死んだためオラリオにやってきた。
どのファミリアからも門前払いを受け、途方に暮れていたとき、 同じく無名で入団者を見つけられずにいたヘスティアと出会い、彼女の最初の眷属となった。
冒険者になって半月後、第5階層でミノタウロスに襲われたところをアイズに救われ、一目惚れする。
これがきっかけでスキル【憧憬一途(リアリス・フレーゼ)】が発現し、急成長を遂げていくこととなる。
なお彼自身はこのスキルの存在を知らされていない(ヘスティア曰く、レアスキルであるため、 娯楽に飢えた他の神に知られたら確実に注目・介入されてしまうから。8巻で、ついに問い詰められてベルを除く ファミリアメンバー全員が知ることになる)。
基本的には善良かつ奥手だが、破天荒な祖父の影響で異性に対する憧れが強い。また、年上に意識する面がある。
その純粋さ故に女神フレイヤに目を付けられてしまっており、彼女の介入によって 危機に陥ることもあれば、助けられることもある。
Lv.1でありながらもLv.2モンスターのミノタウロスを単独で倒し、僅か1ヵ月半という過去最短記録でLv.2にランクアップ、 『世界最速兎(レコードホルダー)』として一躍注目の的となった(同時に神々からの疑惑と多数の冒険者のやっかみも買っている)。
【アポロン・ファミリア】との戦争遊戯により、前回の昇格から一ヶ月でLv.3に昇格した(当然、これも世界記録)。
本人は知らないが、祖父がまだ生きていることが、ヘルメスの口から明言されている。
二つ名は「未完の少年(リトル・ルーキー)」。
また、Lv.1でミノタウロスを 倒した偉業で「猛牛殺し(オックス・スレイヤー)」の異名も持つ。


ヘスティア
ヘスティア
性別:女 /
人種:女神 /
所属:【ヘスティア・ファミリア】主神








一人称はボク。黒髪ツインテール(12話ではロングヘアになっていた)で、 見た目は子供だがれっきとした女神であり、ベルの所属する【ヘスティア・ファミリア】を運営している。
胸の下を通すように二の腕に結んでいる青い紐が特徴。
下界に来た神々の中ではまだ新参者。下界に来た当初は友人であるヘファイストスの下に身を寄せていたが、 来る日も来る日も怠惰に過ごしていたために追い出され、現在はバイトをしながらファミリアを運営している。
周りからは「ロリ巨乳」と呼ばれ、バイト先では客から頭を撫でられるなどマスコット的な人気がある。
ベルと相思相愛になることを夢見ており、彼が片思いしているアイズや、 リリ達のことを警戒しているが、神として下界の者達のことを認めてもいる。
ベルのために友人のヘファイストスに土下座をして『神の(ヘスティア)ナイフ』を作ってもらったが、 その莫大なローンの支払いとしてバベル内の【ヘファイストス・ファミリア】店舗でタダ働きをすることになった。
同じ零細ファミリアを運営しているミアハやタケミカヅチと親交がある。一方フレイヤは苦手。ロキとは取っ組み合いの喧嘩をするほど仲が悪い。
服装は上記の青い紐に加え、背中と胸の大きく開いた白いワンピースで青いリボンを首に巻き、手袋をはめており、足は裸足である。


アイズ・ヴァレンシュタイン
アイズ・ヴァレンシュタイン
職業:冒険者 /
性別:女 /
人種:ヒューマン /
武器:《デスペレート》 /
所属:【ロキ・ファミリア】 /
ステイタス:Lv.6 /
発展アビリティ:《狩人》《耐異常》《剣士》《精癒》 /
スキル:不明 / 魔法:《エアリエル》


大手ファミリア【ロキ・ファミリア】の中核を担う少女剣士。16歳。
ベルの憧れの想い人であり、別の視点から同時期の物語を描いていく 外伝「ソード・オラトリア」では主人公を務める。
金髪金眼の美少女で二つ名は「剣姫」、 もしくは戦闘狂の一面からそれをもじって「戦姫」と呼ばれる。
物静かであまり感情を表に出さないため、 美貌も相まって神秘的な印象を持たれがちだが、精神的にはむしろ幼い。
対人関係も苦手で、割と天然な行動が多い。
取り逃がしてしまったミノタウロスを追っていた際にベルと出会い、 その後急成長を遂げていく彼に対して次第に興味を抱くようになる。
ベルの白兎を思わせる純朴な印象を気に入っており、 当初会うたびに逃げられていた時は、怖がられていると思い、 「愛らしい白兎が自分から逃げる」というイメージを幻視するほど激しく落ち込んでいた。
特訓を買って出た際には自分の教えでベルが成長していくことを喜び、 彼を膝枕して癒されたいという欲求のあまり、彼を気絶させて思う存分膝枕に興じていた。
遠征に向かう途中でベルがミノタウロスに襲われていることを知ると、 彼を死なせたくないと一目散にベルのもとに駆けつけ、彼が自らの力でミノタウロスに立ち向かい、 激戦の末打ち勝ってみせた彼の姿に父親の背中を重ね、冒険者としてのベルの姿を胸に刻んだ。
その際みた彼のステイタスで全アビリティオールSであることを目撃し、 ステイタスの限界突破という事実を突き付けられ、新たな強さの可能性を見出す。
その後も18階層で重傷を負ったベル達を介抱し、安全エリアでベルを連れまわしたり、 アポロン主催のパーティで、ベルからのダンスの申し込みを受け入れるなど、好意的に接している。
両親になんらかの秘密があり精霊の血が流れているが、 詳細はロキおよび一部の幹部しか知らない。


エイナ・チュール
エイナ・チュール
職業:ギルド職員 /
性別:女 /
人種:ハーフエルフ /
所属:ギルド






ギルドの受付嬢兼冒険者アドバイザーで眼鏡を掛けたハーフエルフの美女。
19歳。
妹が1人いる。
母親の縁で【ロキ・ファミリア】のリヴェリアとは知り合い。
ベルの担当アドバイザーであり、何かと彼の相談相手にもなっている。
ベルのステイタスを知っている人物の1人であり、 彼の尋常ではない成長速度に頭を悩ませている。
彼の装備が貧弱過ぎるのを懸念し、初心者向けの店を紹介したり、防具(プロテクター)をプレゼントしたりした。
自他共に認める世話好きな性格で、何かにつけてアタフタしているベルを実の弟のように 思いながら公私で面倒を見ている。
だが、みかけによらず教えはスパルタで、 担当冒険者を勉強会に呼び出しては膨大なダンジョンの知識を叩きこませている。
それにより、担当した冒険者の多くは音を上げて逃げ出し、非常に恐れられている。
仕事が趣味であるせいか、浮いた話が全く無いが、本人はあまり気にしていない模様。
容姿が良く、職員や冒険者達に人気があり、よく言い寄られることが多い。
だが、本人は頼り甲斐のある冒険者より、どちらかというとベルみたいな少し頼り無いくらいの男性が好み。
ベルがランクアップした際に世界初のレアアビリティ「幸運」を発現させたことを知っているが、 神々の玩具にされるのを避けるためにその情報を秘匿している。


リリルカ・アーデ
リリルカ・アーデ
職業:サポーター /
性別:女 / 人種:小人族(パルゥム) /
武器:《リトル・バリスタ》 /
所属:【ソーマ・ファミリア】→【ヘスティア・ファミリア】 /
ステイタス:Lv.1 / スキル:《縁下力持(アーテル・アシスト)》 / 魔法:《シンダー・エラ》 15歳。
愛称で「リリ」。
ベルのパーティーのサポーター(荷物持ち、アイテム係)を務める小人族(パルゥム)の少女。
両親が【ソーマ・ファミリア】の団員であり、生まれた時から所属を余儀なくされた。
その後、両親は神酒を求めるあまり、レベルに見合わない階層に進んでモンスターに殺されたため孤独の身となる。
リリも冒険者としての腕に恵まれず挫折した後、専業のサポーターになったが 冒険者達に虐げられていたため、冒険者に対しての憎しみを募らせていた。
盗賊まがいの真似をしてファミリアを脱退する金を貯めていた時に、 ベルの『神のナイフ』に眼を付け、自分を売り込んでパーティを組む。
だが、しばらくベルと行動したことでベルの今までの冒険者には無い優しさと純粋さを感じて困惑し、 騙していることに思い悩んでいく。
最終的にベルを罠に嵌めて『神のナイフ』を盗むが、 その直後ゲドに捕まってしまい、さらにカヌゥ達の罠で モンスターに殺されそうになったところを間一髪でベルに助けられる。
それ以降、自分のために助けてくれたベルに深く心酔し、 また異性としても意識しており、ちょくちょくアプローチしているが、空回りになることが多い。
基本的に誰に対しても敬語で話しており、名前を呼ぶときは必ず「様」をつける。
その一方で長くやさぐれていたこともあり、物言いには遠慮がなくやや毒舌気味。
戦闘力は低いがその分サポーターとしての能力は高く、立ち回りにも長けている。
他にも様々な知識や世故に通じており、パーティには欠かせない参謀的な存在である。
6巻で【ソーマ・ファミリア】を脱退するためにソーマに掛け合うが相手にされず、 自身の魔法を狙うザニスの罠に嵌り、幽閉される。
そして、助けに来たヘスティア達を助けるべく、脱走して再びソーマに掛け合って神酒を飲まされるが、 ベルの想いが神酒の誘惑に打ち勝ち、ソーマを動かせた。その後、『神のナイフ』を担保に【ヘスティア・ファミリア】に改宗する。
戦争遊戯後は、脱退金を用意して『神のナイフ』を無事に回収した。
余談だが魔法《シンダー・エラ》はシンデレラがモチーフ。
シンデレラの英語表記は【Cinder・ella】であり、解除する時は【響く十二時のお告げ】と詠唱している。


ヴェルフ・クロッゾ ヴェルフ・クロッゾ
職業:鍛冶師 / 性別:男 /
人種:ヒューマン /
武器:《大刀》 /
所属:【ヘファイストス・ファミリア】→【ヘスティア・ファミリア】 /
ステイタス:Lv.2 /
発展アビリティ:《鍛冶》 /
スキル:《魔剣血統(クロッゾ・ブラッド)》 /
魔法:《ウィル・オ・ウィスプ》
ベルのパーティーメンバー。
職人気質で気持ちのいい性格。
面倒見もよくベルの兄貴分のような存在。
17歳。
『戦える鍛冶師』を自称しているだけあり、パーティでも前線を担う。
ラキア王国の鍛冶貴族クロッゾ家の末裔。魔剣を打つには本来高い【鍛冶】アビリティが必要だが、 《魔剣血統》 のスキルによりこれを作成することが出来る。
魔剣を生み出す力はオラリオ最高の鍛冶師である椿すら凌ぐ。
クロッゾ一族は魔剣を生み出す力を失い没落しており、ヴェルフのみがそのスキルを持つ。
彼を利用しようとする家族に反発して出奔、オラリオにやってきた。
しかし、クロッゾの名ゆえに客は魔剣を求める者ばかりで本人は魔剣を嫌って作らないことから、 ファミリア内でも浮いた存在となってしまっておりランクアップできず、《鍛冶》アビリティも獲得できないでいた。
くすぶっていた中ベルと出会って専属契約を結び、パーティを組む。 ヘファイストス曰く「感性が残念」らしく、自身の作品に対して「兎鎧(ピョンキチ)」、「牛短刀(ミノタン)」、 「寅弐郎(シマじろう)」などといった残念な名前を付ける。
5巻の出来事を経て6巻序盤でランクアップし、念願の《鍛冶》アビリティを入手。
魔剣へ抱いていた意地も解消されている。6巻でベルたちを助けるため【ヘスティア・ファミリア】に改宗した。
自分の主神だったヘファイストスには尊敬や恩義以上の感情を抱いており、 8巻でクロッゾ一族の因縁が決着した後、ヘファイストスと対面し 彼女に認められる程の武器を作れたら付き合ってほしいと懇願した。
二つ名は「不冷(イグニス)」。


シル・フローヴァ シル・フローヴァ
職業:酒場店員 /
性別:女 /
人種:ヒューマン /
所属:酒場「豊饒の女主人」








作中のメインキャラの中では唯一の一般市民。
18歳。
ちょくちょくベルに弁当を渡したりしている。
ベルに対して好意を抱いており、ナイフを盗んだリリに釘を刺すなど、 ベルのためなら普段と違う顔を見せる。
また、冒険者であるベルを心配するあまり「冒険しないでください」と告げたりしているが、 彼がミノタウロスを倒してランクアップした時は心から喜んでいた。
フレイヤがわざと置いていった魔導書や、客から貰ったアミュレットをベルに貸し与え、 その都度彼を結果的に救うことになっている。
基本的にドジッ子体質で財布を忘れたりすることも多々ある。
実は貧民街育ちで両親は知らない。『ダイダロス通り』で偶然マリアの孤児院を見掛けてからは、 たまに店を休んで孤児院の子供達の世話に赴いている。


リュー・リオン リュー・リオン
職業:酒場店員・元冒険者 /
性別:女 /
人種:エルフ /
武器:《アルヴス・ルミナ》《小太刀・双葉》 /
所属:酒場「豊饒の女主人」 /
ステイタス:Lv.4 /
発展アビリティ:《狩人》《耐異常》《魔防》 /
スキル:《妖精星唄》《精神装填》《疾風奮迅》 /
魔法:《ルミノス・ウィンド》《ノア・ヒール》 Lv4の元凄腕の冒険者。
21歳。
かつての二つ名は「疾風」。
同僚であるシルとの縁でベルと出会い、彼を気に掛けている。
謹厳で実直な性格であり、口調も厳しめだが気を許した相手には若干柔らかい態度になる。
心を許した相手以外には触れさせないという典型的なエルフではあるが、
「あんたの手を握れる男が現れたら逃しちゃ駄目よ!」という心に刻まれた亡き知己の言葉があり、 手を握ることが出来たベルの姿を同僚の想いを応援しながらも目で追うようになる。
シルの想いを応援しているため、何かあったら自分よりシルを優先するよう常にベルに語り聞かせている。
引退しているとはいえその腕前は健在で、ベルたちの救出や戦争遊戯では実力を遺憾なく発揮した。
激しい戦闘を行いながら高出力の魔法の詠唱を難なくこなすことができ、それを見た命から目標とされた。
元【アストレア・ファミリア】の団員だったが、 敵対ファミリアに罠に嵌められ彼女を除く全団員が死亡、 その報復で多数の人間を血祭りにあげたためギルドのブラックリストに載ってしまう。
その後、力尽きたところをシルに拾われ「豊饒の女主人」の店員となる。
遅刻したシルをフォローするために自らがベルの昼食を作った際には サンドイッチを炭化させるなど、料理の腕はからっきし駄目。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ギャラリー編


↑ PAGE TOP