ソードアート・オンライン|ラノベ祭り|口コミ・おすすめ・人気・評価・評判・ランキング・動画

ソードアート・オンライン | ラノベ情報サイト

ソードアート・オンライン 概要編


ソードアート・オンライン

元々は著者が2002年の電撃ゲーム小説大賞応募用に執筆した長編を、
「九里史生」名義で自身のウェブサイトに掲載したオンライン小説である。
本編の連載は同年11月から2008年7月まで続き、2004年頃には既にオンライン小説として
高い評価と知名度を得るに至った。

2005年1月から、最長のエピソードとなった「アリシゼーション」の連載が開始される。
この連載の気分転換に書かれた『アクセル・ワールド』が2008年に第15回電撃小説大賞の大賞を受賞。
その際、本作を読んだ担当編集者の提案により電撃文庫から商業作品として刊行されることになった。
商業化にあたってウェブ版の内容・表現に大幅な加筆修正がなされている。

ソードアート・オンライン メディア展開編


ソードアート・オンライン

『電撃文庫MAGAZINE』2010年9月号(Vol.15)から、作画:中村貯子による漫画版と、
南十字星によるパロディ4コマ漫画『そーどあーと☆おんらいん。』の連載が開始された。

また、2011年10月2日に行われた「電撃文庫 秋の祭典2011」ではアニメ化とゲーム化が発表され、
2012年7月から同年12月までテレビアニメが放送された。
同アニメ作品は第12回東京アニメアワードにおいて、テレビ部門優秀作品賞と個人部門原作賞を受賞している。
2012年10月より、「アインクラッド」攻略に焦点を当て、
第1層から順に描いていく新シリーズ『ソードアート・オンライン プログレッシブ』が刊行されている。
2014年12月より、時雨沢恵一による
スピンオフの「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」が刊行されている。

ソードアート・オンライン あらすじ編


アインクラッド

アインクラッド

第1部。収録巻:第1・2巻
(黒の剣士/心の温度/朝露の少女/赤鼻のトナカイ)
第8巻(圏内事件/はじまりの日)
2022年、世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」(SAO)
の正式サービスが開始され、
約1万人のユーザーは完全なる仮想空間を謳歌していた。
しかし、ゲームマスターにしてSAO開発者である天才プログラマー、
茅場晶彦がプレイヤー達の前に現れ、非情な宣言をする。
SAOからの自発的ログアウトは不可能であること、
SAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒して
ゲームをクリアすることだけが
この世界から脱出する唯一の方法であること、
そしてこの世界で死亡した場合は、
現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを……。

それから2年、
最前線は第74層、残りプレイヤーは6147人となっていた。
プレイヤーの一人である少年キリトは、
ソロプレイヤーとして最前線で戦っていた。
ひたすら最前線で戦うキリトは、
同じく攻略組として戦い続ける女流剣士アスナとの
絆を少しずつ深めていった。



フェアリィ・ダンス

フェアリィ・ダンス

第2部。収録巻:第3・4巻
SAOがクリアされて約2か月が経過した2025年1月。
現実世界への帰還を果たしたキリトこと桐ヶ谷和人だったが、
SAOで心を通わせた少女アスナこと結城明日奈は帰還することなく
眠りつづけていた。
同様に、300人ものSAOプレイヤーが意識を失ったまま眠り続けており、
初期化されるはずのSAOサーバーも不可解な稼動を続けているという。

明日奈が病院のベッドで眠り続けることを利用し、
SAOサーバーの維持管理を担当している須郷伸之は、
強引に明日奈との結婚を推し進めようとする。
自らの無力感に苛まれる中で和人は、
妖精たちのファンタジー世界を舞台としたハイスペックVRMMORPG
「アルヴヘイム・オンライン」(ALO)の中で、
アスナらしき人物が目撃されたという情報を得る。

真実を確かめるために再び仮想世界へダイブした和人は、
かつてSAOで共に暮らした「娘」のユイや、
ALOへのダイブ直後に出会った剣士のリーファと共に、
ALOの中心「世界樹」を目指す。



ファントム・バレット

ファントム・バレット

第3部。収録巻:第5・6巻
SAOがクリアされて1年後の2025年12月。
戦いの果てに明日奈を助け出した和人は、
かつての仲間たちと共にALOの世界を生きていた。

そんなある日、
和人SAO事件で顔見知りとなった役人の菊岡誠二郎から、
銃撃戦が繰り広げられる銃器世界
ガンゲイル・オンライン」(GGO)に出没した謎のプレイヤー、
「死銃(デス・ガン)」が関わるとされる
連続変死事件の調査を依頼される。

真相を究明するべくGGOへダイブした和人は、
ログイン直後に知り合った少女・シノンから
GGOの世界についてのレクチャーを受けつつ、
「死銃」との接触を図るべく最強のガンナーを決める大会
バレット・オブ・バレッツ(BoB)へとエントリーすることになる。

これまでと全く勝手の違う銃器世界での戦いに
苦戦するキリトだったが、
持ち前の反射神経とセンスを駆使しながら戦いを勝ち抜いていく。

やがて一連の事件の真実に迫る中、
キリトはかつての忌まわしき因縁と対峙することになる。



マザーズ・ロザリオ

マザーズ・ロザリオ

外伝。収録巻:第7巻
「死銃事件」から数週間後の2026年1月。
アスナはリズベットたちから「絶剣」と呼ばれる
凄腕の剣士がALOに現れたことを聞く。
その剣士は自らの「オリジナル・ソードスキル」を賭け、
1対1の「デュエル」の相手を募集しているらしい。
キリトすら破ったその腕に興味を持ったアスナは、
自分も「絶剣」に勝負を挑む。

交流の末、
「絶剣」ことユウキと親しくなったアスナは彼女がリーダーを務める
ギルド「スリーピング・ナイツ」を紹介され、
他のメンバーとも打ち解けていく。

だが、ユウキにはある哀しい秘密が隠されていた。



アーリー・アンド・レイト

アーリー・アンド・レイト

外伝。収録巻:第8巻
本編を補完する短編集。
アインクラッド編の2編
(「圏内事件」〈2024年4月〉、「始まりの日」〈2022年11月〉)と、
ファントム・バレット編とマザーズ・ロザリオ編の間を描いた
「キャリバー」(2025年12月)が収録されている。



アリシゼーション

アリシゼーション

第4部。収録巻:第9?14巻
GGOで起きた「死銃事件」から半年が経った2026年6月。
和人は菊岡からの紹介で、
謎多きベンチャー企業「ラース」の開発した次世代フルダイブ実験機
「ソウル・トランスレーター」
のテストダイバーのアルバイトを行っていた。

ある日、和人は「ダイシー・カフェ」での談笑の帰りに、
「死銃事件」の実行犯最後の1人の襲撃を受け、
薬剤注射による昏睡状態に陥ってしまう。

次に和人が目を覚ました時、
眼前には現実世界と遜色ないクオリティを持ち、
人間同然の豊かな感性を持つNPC達が住まう仮想世界
「アンダーワールド」(UW)
が広がっていた。
ログアウト不可という旧SAOと同じ状況に陥る中、
キリトは現実世界への道を求め、
親しくなった少年・ユージオと共に世界の中心
「セントラル・カセドラル」
を目指すことになる。

一方、
現実世界の和人は搬送先の病院から昏睡状態のまま連れ出され、
行方不明になっていた。
明日奈たちは和人の行方の手がかりを求め、
藁をも掴む思いで茅場の恋人だった神代凛子にコンタクトを取る。



アリシゼーション新章 アンダーワールド大戦

アリシゼーション新章 アンダーワールド大戦

第4部新章。収録巻:第15巻~
人界の民を恐るべき兵器に変えようとしていた
「セントラル・カセドラル」
の支配者アドミニストレータとの戦いにからくも
勝利したキリトであったが、

その代償はユージオの死と自身の精神喪失であった。
キリトと共闘した整合騎士の1人アリスは彼を連れ、
ルーリッドの村はずれでひっそりと暮らしていた。

しかし、
人界とダークテリトリーの全面戦争が近いことを知った
アリスはキリトを連れ戦場へと向かう。
現実世界ではアンダーワールドが存在するオーシャンタートルが
謎の襲撃者達によって占拠されていた。
明日奈キリトと完全な人工知能となったアリスを救うため、
アンダーワールドへのログインを決意する。
そして襲撃者のリーダーであり人間の魂を求める男ガブリエルもまた、
闇の皇帝ベクタとしてアンダーワールドへとログインする。


ソードアート・オンライン 登場人物編


キリト(Kirito)
キリト(Kirito)
声 - 松岡禎丞
外伝編を除いた本作全編を通しての主人公。
SAO時代は「黒の剣士」の二つ名を持ち、
「ベータテスター」と「チーター」を掛け合わせた
「ビーター」と揶揄されながらも、最前線で独り戦い続けていた。
リアルはゲームとPC操作技術に長けた少年。
アスナ(Asuna)
アスナ(Asuna)
声 - 戸松遥
本作のヒロインにして、外伝編の主人公。
SAO時代は「閃光」の二つ名を持つ「攻略組」のひとり。
ユイ(Yui)
ユイ(Yui)
声 - 伊藤かな恵
SAOに現れた記憶喪失の少女。
キリトアスナを「パパ」「ママ」と呼び慕う。
リーファ(Leafa)
リーファ(Leafa)
声 - 竹達彩奈
フェアリィ・ダンス編のヒロイン。
ALOに初ダイブしたキリトと成り行きで行動を共にするALOプレイヤー。
シノン(Sinon)
シノン(Sinon)
声 - 沢城みゆき
ファントム・バレット編のヒロイン。
GGOのプレイを通しトラウマと向き合う女子高生。
ユウキ(Yuuki)
ユウキ(Yuuki)
声 - 悠木碧
マザーズ・ロザリオ編のヒロイン。
一人称は「ボク」。
ALOにおいて「絶剣(ぜっけん)」と呼ばれ、
ALO史上最多連撃のOSSを扱う、
圧倒的な強さを誇るプレイヤー。
アリス(Alice)
アリス(Alice)
アリシゼーション編のヒロイン。
ラースの開発した仮想世界アンダーワールドにおける
キリトの幼なじみ。
クライン(Klein)
クライン(Klein)
声 - 平田広明
SAOサバイバー。
キリトの悪友。
SAOにおいては、
レア武器である日本刀を使う。
エギル(Agil)
エギル(Agil)
声 - 安元洋貴
SAOサバイバー。
商人プレイヤーで斧使い。
キリトの良き理解者。
シリカ(Silica)
シリカ(Silica)
声 - 日高里菜
SAOサバイバー。
小竜・ピナを「使い魔」として使役する
「ビーストテイマー」。
リズベット(Lisbeth)
リズベット(Lisbeth)
声 - 高垣彩陽
SAOサバイバー。
武具を鍛える鍛冶屋でもある。
茅場 晶彦(かやば あきひこ)
茅場 晶彦(かやば あきひこ)
声 - 山寺宏一
SAOの開発者。
天才的ゲームデザイナー、
量子物理学者として知られる科学者で本作のキーパーソン。

アクセル・ワールド(アニメ) ギャラリー編


↑ PAGE TOP