ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (アニメ化)|ラノベ(ライトノベル)のおすすめ・人気・評価・評判・ランキング・動画などを口コミ情報を基に紹介するサイト。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(アニメ) 作品紹介


ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

「あらゆる英雄は過労で死ぬ」
英雄嫌いの青年がたどった"約束の物語"が、今幕を開ける――
隣接するキオカ共和国と戦争状態にある大国、カトバーナ帝国。
その片隅で一人の青年が戦乱に巻き込まれようとしていた。
名はイクタ・ソローク
戦争嫌いの怠け者で女好きという、およそ軍人とはかけ離れた人物だ。
幼馴染であるヤトリシノ・イグセムとともに高等士官試験を受けていた彼は、二次試験への送迎船で、 看護学校出身のハローマ・ベッケル、旧軍閥名家のマシュー・テトジリチ、 そしてヤトリと同じく忠義の御三家の一角、レミオン家のトルウェイ・レミオンと出会うことになる。
道中、彼らと賑やかな時間を過ごしていたその時、突如船が座礁する。
総員退艦となり脱出する5人……だが、そこで一人の少女が船から海へ落ちる姿が目に入る。
ためらわず、大荒れの海に飛び込むイクタ
そして、彼は少女の小さな手を握った。
時に帝歴905年。それが後に常怠常勝の智将と呼ばれた男と、帝国最後の紹鴎と呼ばれた女の初めての。
"約束された敗北"へと向かう、物語の発端である――。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン スタッフ

原作
宇野朴人(KADOKAWA 電撃文庫刊)
監督
市村徹夫
シリーズ構成
ヤスカワショウゴ
キャラクターデザ
香月邦夫
音響監督
岩浪美和
アニメーション
マッドハウス
製作
天鏡のアルデラミン製作委員会

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(アニメ) 登場人物編


イクタ・ソローク

イクタ・ソローク
17歳。怠け者で女好き。だが、戦略や戦術に関する手腕は他の追随を許さず、 後の世において、「常怠常勝の智将」と呼ばれることになる。 また、「科学」という概念を提唱したアナライ・カーン博士の弟子であり、 その考え方を踏襲しているため、独特の哲学を持つ。 ヤトリとは旧知の仲で、絶対的な信頼関係を築いている。

ヤトリシノ・イグセム


ヤトリシノ・イグセム

ヤトリシノ・イグセム
17歳。旧軍閥名家筆頭、「忠義の御三家」の一角を担うイグセム家の長女。 愛称はヤトリ。帝室に対して絶対的な忠誠を誓っており、その様は見る者を畏怖させる。 代々「白兵のイグセム」の通り名で讃えられ、彼女もまた二刀を振るい鬼神の如き強さを誇る。 イクタとは旧知の仲で、彼の良き理解者。イクタの才能を誰よりも理解し、評価している。

トルウェイ・レミオン


トルウェイ・レミオン

トルウェイ・レミオン
17歳。旧軍閥名家、「忠義の御三家」の一角を担うレミオン家の三男坊。 爽やかで見た目通りの好青年。代々の通り名である「銃撃のレミオン」の名に恥じぬ高い射撃能力を 持っているが、生き物を傷つけることに対する忌避感が根強く、 近距離からの銃撃は命中率が低い。 一方で遠距離の標的に対してはその弱点が生じないため、エアライフルを用いた150メートル以上の ロングレンジ狙撃をも可能とする。

マシュー・テトジリチ


マシュー・テトジリチ

マシュー・テトジリチ
17歳。旧軍閥であるテトジリチ家の長男。イクタヤトリの同輩で、ことあるごとにふたりをライバル視しているが、 それも含めて長いことイクタにからかわれてきた。 人一倍負けず嫌いで、上昇志向が強いが、イクタヤトリトルウェイといった英才との歴然とした能力の差に嫉妬し、 劣等感を抱いている。 しかしイクタたちと行動を共にするにつれて、着実に軍人としての成長を見せるようになっていく。

ハローマ・べッケル


ハローマ・べッケル

ハローマ・べッケル
19歳。愛称はハロ。心優しい性格の、騎士団では唯一の衛生兵。高等士官試験行きの船で 偶然イクタ達と居合わせ、行動を共にすることに。 かなりの天然で、無自覚の失言で相手を落ち込ませることがある。

スーヤ・ミットカリフ


スーヤ・ミットカリフ

スーヤ・ミットカリフ
二十歳前後の女性軍人で、イクタの受け持つ小隊の副官。
実は、イクタがそうとは知らずに口説こうとしていた昔の不倫相手の娘であり、 当初は母の間男であったイクタに非常に険悪な態度をとり小隊の隊員も彼女にならってイクタに従わなかった。
しかし、トルウェイの兄二人との模擬戦を経て態度が軟化、北域動乱の折に急遽共同戦線をとることになったシナーク族を 助けるために小隊から多くの被害が出たことでイクタに突っかかったが、その後の祝杯で半ば仲直りをした。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(アニメ) ギャラリー編


↑ PAGE TOP