アクセル・ワールド(アニメ化)|ラノベ(ライトノベル)のおすすめ・人気・評価・評判・ランキング・動画などを口コミ情報を基に紹介するサイト。

アクセル・ワールド(アニメ) 作品紹介


アクセル・ワールド(アニメ)

2046年、ニューロリンカーと呼ばれる携帯端末を用いることで生活の多くが仮想ネットワーク上で行われるようになった世界。
だが、どんなに時代が進んでも「いじめられっ子」はなくならない…。
ハルユキもそんな中学内格差(スクールカースト)最底辺に位置する一人であった。
ローカルネットの片隅で、ひたすらにスカッシュゲームに打ち込むだけの暗く陰鬱な日々を過ごしていた彼だったが、 ある日突然、校内一の有名人<黒雪姫>に声をかけられる。
「もっと先へ――<加速>したくはないか、少年」 彼女から謎のプログラム<ブレイン・バースト>を託され、<加速世界>の秘密を教えられたハルユキは、 黒雪姫の「騎士」として戦うことを決意する…!!

アクセル・ワールド(アニメ) 基本情報
監督 小原正和
シリーズ構成 吉野弘幸
キャラクターデザイン・アニメーションディレクター 愛敬由紀子
デュエルアバターデザイン・アクション監督 椛島洋介
メカデザイン 神宮司訓之、沙倉拓実、大河広行、山根まさひろ
セットデザイン 青木智由紀、イノセユキエ
メインアニメーター 田畑壽之、阿部望
美術監督 池信孝、二嶋隆文

アクセル・ワールド(アニメ) 登場人物編


アクセル・ワールド

#1 Acceleration;加速
もっと先へ――≪加速≫したくはないか、少年。梅郷中学に通う一年生・有田春雪。 丸っこい身体に内気な性格、学内格差(スクールカースト)の最底辺……そんな彼の生活は、この言葉をきっかけに大きく変わった。 彼に声をかけたのは、生徒会副会長にして学内でも指折りの有名人、黒雪姫。 彼女の誘いに応じて昼休みのラウンジを訪れたハルユキは、≪ブレイン・バースト≫という謎のアプリを受け取り、≪加速世界≫の扉を開く――。

#2 Transformation;変移


アクセル・ワールド

#2 Transformation;変移
初対戦で訳も分からず敗北を喫してしまったハルユキ黒雪姫は彼に≪ブレイン・バースト≫の正体は対戦格闘ゲーム――≪加速≫し続けるためのポイントの奪い合いだと教える。 対戦についてのレクチャーを受け、アッシュ・ローラーとの再戦に臨んだハルユキは、ピンチに陥るも、機転を利かせた作戦で、見事勝利を勝ち取る。 しかし、勝利の余韻に浸る間もなく、チユリ黒雪姫の遭遇という別の危機が待ち受けていた――。


#3 Investigation;探索


アクセル・ワールド

#3 Investigation;探索
加速世界を統べる七人の<王>たちの協定を破ったことで、<お尋ね者>となっていた黒雪姫。 最近学内ネットワーク上で、本来なら受けるはずのない対戦を挑まれ続けていた彼女は、 執拗に迫る蒼いデュエルアバター、シアン・パイルの正体を探るべく、ハルユキに助力を求める。 チユリが容疑者であることを知ったハルユキは、疑いを晴らすべく彼女と直結し、 彼女のニューロリンカーが仕掛けられていることを突き止める――。


#4 Declaration;告白


アクセル・ワールド

#4 Declaration;告白
ささいな行き違いから口論をしてしまったハルユキ黒雪姫。そんなふたりを荒谷の乗った自動車が襲う。 絶体絶命の状況に、黒雪姫は肉体をも加速する禁断の力≪フィジカル・フル・バースト≫を使ってハルユキをかばい、重傷を負ってしまう。 一命を取り留めたものの、意識のない状態でシアン・パイルに襲われれば、黒雪姫になすすべはない。 彼女を守るべく、そして、伝えてくれた本当の想いに報いるべく、ハルユキの戦いが始まる――。


#5 Aviation;飛翔


アクセル・ワールド

#5 Aviation;飛翔
病院に現れたタクム――シアン・パイルに対戦を挑むも、なすすべなく倒れ伏してしまうハルユキ。 諦めそうになったその時、彼の瞳に横たわる黒雪姫の姿がうつる。 本当の強さの意味を知った彼は、シルバー・クロウの新たな力――≪翼≫を得て、シアン・パイルとの決着をつける。 そして意識を回復した黒雪姫は、≪黒の王≫ブラック・ロータスの姿を現し、≪ネガ・ネビュラス≫の復活を宣言。 加速世界に新たな戦いの火ぶたが切って落とされる――。


#6 Retribution;応報


アクセル・ワールド

#6 Retribution;応報
入院中の黒雪姫が治療に専念している頃。ハルユキは青のレギオンから脱退したタクムとタッグを組んで、レベルアップにいそしんでいた。 しかし、レベルアップしたことでバーストポイント全損の危機に陥ってしまったハルユキ。 タクムの勧めで≪アクア・カレント≫という用心棒を頼るが、条件として≪リアルを明かすこと≫を要求される。 指定された待ち合わせ場所でハルユキが出会ったのは、メガネをかけた可愛らしい少女で――。

#7 Restoration;修復


アクセル・ワールド

#7 Restoration;修復
用心棒(バウンサー)、≪アクア・カレント≫とタッグを組んで戦うことになったハルユキ。 ひとまわりレベルの高いタッグに苦戦を強いられるが、アクア・カレントの助力と黒雪姫やタクムへの強い想いで勝利をつかむ。 無事、ポイントを貯めた彼に、アクア・カレントは『後払いの報酬』を要求する――。 一方、後悔を胸に抱えたタクムに、黒雪姫はデュエルを仕掛ける。贖罪のため、ある決意をした彼に、黒雪姫は仲間の素晴らしさを語る――。

#8 Temptation;誘惑


アクセル・ワールド

#8 Temptation;誘惑
ある日、帰宅したハルユキは、エプロン姿のかわいい少女に出迎えられる。 母の預かったハトコだという彼女に、かいがいしく世話を焼かれ、すっかりドキドキしてしまうハルユキ。 しかし、≪一緒にお風呂≫イベントのさなか、首のニューロリンカーの痕跡から、彼女が偽者だと見破る。 彼女の正体は赤の王≪スカーレット・レイン≫。ハルユキに勝負を挑み、完勝した彼女は、ある『命令』を突き付ける。 それは彼の≪親≫――黒雪姫に、リアルで会わせろというものだった……。

アクセル・ワールド(アニメ) ギャラリー編


↑ PAGE TOP